塾長のつぶやき⑤割り算が苦手

割り算ができない子は掛け算ができない

算数において、一番最初に苦手意識を感じる最もポピュラーな難所が「割り算」です。割り算でつまづくと、その後ずっと苦手意識を引きずる事となります。

では、どこに問題があるのでしょうか?それは、「掛け算九九」の丸暗記にあります。小学校中学年生ぐらいで多く見受けられる子供に、「7×8=56」と言えても「7個の石が入ったコップが8個あると、全部で石は何個あるかな?」の質問に答えられません。つまり、掛け算の概念がわかっていないのです。文章にせずとも、ロッカーの数を数えさせてもかけ算を使えないのです。そりゃ、割り算なんか到底無理でしょう。形式的に足し算を教えても引き算ができませんし、そこをきちっと理解していないと、かけ算・割り算も難しいでしょう。

 

POINT:

 算数でつまづいたら原点回帰をしましょう。四則演算ができないという子にドリル形式で「計算方法」を一生懸命教えても無駄です、対処療法に過ぎません。算数の原点は「考える力」なのです。絵や具体的な物を使って、視覚的に考えさせましょう。算数の苦手克服には事象をきちんと理解し、読み解く力・聞く力・イメージ力や論理的能力を身に付ける事が優先されます。引き算ができない事は足し算、割り算ができない子はかけ算の概念を理解できていません。究極は、集中力を始め「勉強に必要な基礎能力」のトレーニングが必要とされます。
 四則演算でつまづいたら、計算問題ではなく「文章&言葉の問題」でトレーニングしましょう。計算問題は数字のお遊びです。きちんと文章や言葉で問題を考えさせる事で、四則演算の基本的な概念を理解する事ができます。
 応用問題ができない子には、本を読ませましょう。応用問題が出来ない子は、そもそも「算数」を理解していないか、「日本語」を読み解く力が欠けております。粘り強く「考える力」も不足していると考えられます。算数の苦手克服には「粘り強く考える脳のトレーニング」が必要となります。

 

お子さんの勉強方法は本当に正しいのか良く考えてみませんか?