寺子屋学習法
学習法

思考習慣を身に着け、常に「考える」を忘れない学習

「勉強」の為の「お勉強」ではない、確かな力を身に着ければ、全てが向上します。

寺子屋一心舎-学習法

①考えて実行、実行して考える、オリジナル「ITA学習法」

学習やプログラム授業に限らず、あらゆる場面において

興味(インプット)→考える→実行(アウトプット)を意識させ、その中で問題や疑問を発見し課題解決をして行く事を習慣化していきます。また、「考え」の中からまた新たな「興味」を発見しそれをまた「考える」、「実行」した事でまた新たな「興味」(課題)を発見したりと、このサイクルが繰り返されていくという事を学習していきます。

ITAプログラム授業では、グループワーク、ワークショップ、ディベート、対話、制作、野外活動、作文、ゲーム、遊びなどを通じて、思考習慣を総合的な視点から学習していきます。

②「講師」=「ファシリエーター」という考え

講師は、教える人(教師)ではなく、学習の進行役でありナビゲーター/助言者という立場となって、授業を進めております。難しい局面では、共に考え子供の目線で解決方法を模索し「考え方」を指導します。勿論、学習面でのスキル不足においては「やり方」を教える事もしますし、難しい局面で知識を与える事もしますが、それをどう使うかは生徒しだいです。

 

小学部|本科総合コース3つの授業

★ITAプログラム(思考力エンジン)/作文:グループ  ※必須

寺子屋の学習法、考える力ー人間力エンジン

興味(インプット)→考える→実行(アウトプット)を繰り返し行う(部分的に行う)グループワーク、ディベート、制作、プレゼンテーションなどの総合授業。「思考習慣の基礎」を養う事を目的とし、子供があらゆる場面で興味や関心がもてるよう、探求心や主体性や発想力・集中力などの育成要素があります。

★考える算数(どんぐり倶楽部):個別  ※選択

寺子屋学習法。論理的な算数問題集

全問、文章問題であるどんぐり倶楽部を使用し、

興味(インプット)→思考(イメージ)→実行(アウトプット)のスキームをそのまま使って解答を導き出す学習方法。また、解答を解説させる習慣を付け、確かな論理的思考能力の育成を目指します。読む力の育成にも繋がり低学年からの導入をお勧めします。

 どんぐり倶楽部紹介HP考える算数教室

★学習補習:個別  ※選択

寺子屋学習法・指導方・教材。書道を用いて、発想力や自発性、また個性の育成を行います。

高学年では、考える算数に変わり選択にて学習補習を行う事ができます。算数など特に高学年では煩雑となり、遅れを取ってしまう生徒には、こちらを選択してもらい補習授業を行っていく事ができます。学力状況により相談の上、選択致します。

中学部|高校進学会につきまして

中学部では、高校受験を人間力向上の1つの要素と考え、

①学習習慣…自ら学習に取り組む意識改革

②自己管理…自らのスケジューリングにて学習を進める

③目標達成…高校受験→合格の達成に全てを傾ける

の3の柱を指導目標として、高校合格・将来設計へ向けての計画的な学習を進めて行きます。

 

一クラス6名以下のクラス制による、少人数個別授業にて、

1年次:数学・英語、定期テスト対策

2年次:数学・英語・(国語・理科・社会・小論文)、定期テスト対策

3年次:数学・英語・国語・理科・社会、受験対策、定期テスト対策

を目標として、個々の能力に合わせた学習量を科して、目標達成をする為に必要な事をおこなっていく力を養います。

 

高校進学会詳細はコチラ

東京都狛江市和泉本町1-2-5-3F 小学生専門塾 寺子屋一心舎